2006年2月アーカイブ

女医にグリグリ

| トラックバック(0)

最近、歯が欠けたような気がしていたので、
8年ぶりぐらいに歯医者に行きました、

案の定、虫歯になっていて、
しかももう少しで神経に届きそうなぐらい
進行していました、

治療は、
かぶせ物をとる→虫歯を削る→神経を抜く
の順序で行われたのですが、
どうも麻酔の効きが悪く、
「削る」工程が終わるまで、
ズキズキと痛みが・・・・

先生は、
「麻酔が効けば痛みはまったくないから、
 リラックスして力を抜いて・・・」
というんですが、

「麻酔効いてないです、痛てーよ。」
ってな感じで、
再麻酔で、神経を抜くころにやっと痛みがなくなりました、


神経を抜く段階から、
かわいい女医さんにバトンタッチ、
なんか無防備な状態で、
うら若き乙女になすがままにされるのって、
とても恥ずかしい気分です、

マニキュアのついた爪が、
たまに唇にあたるとドキドキ、

そんな感じで治療は終わり、
これからかぶせ物を造っていくのかな?


ディレクター講座は、
講演なれしているプロデューサーが
来たので、最初からおしゃべり全開、

ほとんどマーケティング側からみた
「発想の方法」見たいな感じで、
デジハリの講座にしては、
めずらしく良い授業でした、

アシスタントに自分と同じ苗字の人が来たので、
授業中に「松崎君」と連呼されたので、
ずっとドキドキしてました、

講師の方は、マーケティングの講座なども
行っているみたいなので、
機会があれば参加しよう。

ドナドナ

| トラックバック(0)
「かわいい子牛 売られて行くよ〜」

そんな気分が味わえる
第11回ディレクター講座
「現場を動かすテクニック:スケジュール管理のポイント」
が終了した、

講師の女性の方はあまり講師をすることに
なれておらず、終始重い雰囲気の講座、

まさに「ドナドナ」の歌詞がぴったりくるような、
感じでした、

「ドナドナ」といえば、
数十年まえに、
伊集院光さんの企画で、
「原宿で喪服を着て、ドナドナを歌いながら行進するPV」
の撮影に参加したことがありました、

最終的には、何も知らない外人さんとかが、
行進についてきてしまったため、
お蔵入りになってしまいましたが・・・

講座の結果としては、
「スケジュールはきちんとたてましょう」
「ディレクターになってから経験を積んでください」
とのことです。 

デジハリ講座

| トラックバック(0)

ディレクター講座も半分が過ぎようとしている、
でも内容はかなり薄い、

たんなる、現場のディレクターの
仕事紹介だけになってしまっている。

仕事が忙しいせいもあるだろうが、
出席者がどんどん減っている、

講義開始時刻に4〜5人しか集まらずに、
講義が始められないで、
人数が集まるまで、
待つことがしばしば。

なんで遅刻してくる人を待たないといけないんだ?

講座やめて、
就職活動を再開しようかなと思う
今日このごろ。

領収書の整理

| トラックバック(0)

確定申告のために、
領収書の整理をしてみる、

1年分の領収書とかはものすごい量だ、
これを5年間ぐらいは保管しておかないと
いけないのはつらい・・・

1月?5月の収入が400万、
それ以降はほぼ無収入。

これぐらいの収入で
安定した仕事があればいいのに・・・

でも月の勤務時間が300時間とかだった
あの状況はムリ。


計算上では20万近くの税金が、
戻ってくる見通し、

でも何ヶ月か後に、
住民税が12万ぐらい請求されることになるだろう、
結局差し引きあんまり変わらない。

プレ

| トラックバック(0)

がんばった課題も結局は形にならず
未提出、提出できたのは3人だけで、
欠席者も3人。

お昼は「心」で、
「もち豚とほうれんそうのスープカレー」 辛さ8
注文取りに来たお姉さんが驚異的にかわいい。

課題を元にして、グループワークで、
企画書を作成、

倉野さんとマンツーマンディフェンスで、
企画を考える、

初対面の人といっしょに作業を進めるのは、
とても緊張する、それが女性だとなおさらだ、

結局、進行したのは自分で、企画をまとめたのも、
プレゼンしたのも自分になってしまいました。

今日はとても充実した一日で、
とてもがんばったと思うので、
一人宴会を開催。

明日から親がネパールとかに行くらしい、
まだ本人たちからは何も聞いてないんだけど・・・
帰ってこなくていいです。

月別 アーカイブ