価値のカタチ展2019~千葉工業大学知能メディア工学科 2019年03月01日

| トラックバック(0)

2019年03月01日(金)
価値のカタチ展2019~千葉工業大学知能メディア工学科
安藤昌也研究室活動報告会

いつものように秋葉原でつけ麺を食べてから、大崎へ。

ソニービル大崎の入り口がわかりにくくて、
若干迷いました。
(本当は大崎駅からデッキを通っていけるらしい、
 僕は1階を散策してました・・・)

迎え入れてくれる学生さんがCAとパイロットの格好してる
UX王国へのフライトという形にモチーフにしてるみたいですね。
P3010055

P3010048

P3010083


第一部:UXデザインセミナー『ものづくり系企業におけるUXデザイン導入の実際』

■基調講演「UXデザイン教育と導入支援の10年を振り返る」
安藤昌也(千葉工業大学先進工学部 教授)
P3010085


3年生がプロデュースして、4年生の展示をする
引き継がれない仕組み。

▼ものづくり系企業におけるUXD導入の課題
 ・製造業では"もの作り"のカルチャーがUXデザイン導入の課題となることが多い。

▼ものづくり系企業におけるUXD導入のチャンス
 ・一方で、製造業を取り巻く環境はUXD導入を巡って良い状況にあると言える。
  いや、今対応しないと後が無い
  →UXデザインがすべてとは言わないが、ものづくり系企業の
   基盤的な枠組みとしてUXDを検討するチャンス

▼ものづくり系企業におけるUXD導入のポイント
 ・企業でのUXD導入は、大きく3点で施策を検討する。UXDは 企業の提供価値とユーザーの体験価値の一致が最も重要。
企 業文化・DNAとの整合性の考慮が不可欠。

 
▼UXデザインから見た顧客価値
 ・顧客価値とは、実現する体験価値である。これは、企業の 言葉であるが、同時にユーザーの言葉にもなるはずである。

 →手法入れればいいというわけではない。

▼UXDを組織で行う仕組みのエッセンス
 ・UXDを一連プロセス全体を導入しようとするのは無理。
  各企業や部門にとって効果のある本質的なUXDの要素を柱に、
  考え方やルール、手法等を整備する。

▼UXデザインの効果の仮説
 ・UXDの効果に関しては検討・実践中だが、
  現時点での仮説 は「成果の視点」「設計プロセスの視点」「UXD基盤の視 点」の
  3つから捉えることとしている。

▼なぜ「制約」か?

▼「制約」があるゆえにコミュニケーションが生まれる


ものづくり系企業でのUXデザイン導入の実際プレゼン

■「デジタルシネマカメラVENICEで分かったUXデザインのコツ」
  ソニー株式会社 クリエイティブセンター
  マシュー フォレストさん
P3010087


▼使いやすいプロジェクトスタイルカメラをどうデザインするか
 →User Centered Designの手法を使った。

▼映画作成のワークフローを分析し、認識を合わせる

▼映画作成のワークフローを分析し、問題点を整理する。
 カメラアシスタントが一番ストレスを受けている。

▼アイデアを展開する

▼ユーザーに意見を聞く
 ユーザーテスト

▼成果
 1.ボタンを減らし、ワークフローに合わせて分類
 2.USERボタンを追加し、使い勝手を拡大
 3.ロータリーエンコーダー無しでもBig6調整できるようにし、
  素早く確実な操作に。

▼評判は上々
 1台600万、だが売り上げは気にしない
 アバター2などで使われるようになりました。

▼本題はここから

▼成功のコツ?(それとも法則?)
 ・全員が参加した
 ・お客様の声を尊重した
 ・全員のアイディアを尊重した
 ・全員がステークホルダー
 ・実際のベンチマークした
 ・ペーパープロトタイプした
 ・ワークショップした
 ・専用部屋を作った
 ・チームとしてインタビューした
 

■「カスタマーバリューデザインの取り組み」
 東芝デザインセンター:
 加藤 善裕さん(デザインセンター デザイン第一部 インダストリアルICT担当)
P3010096


▼カスタマーバリューデザイン
 顧客とともに顧客視点で、様々な専門家が一体となって協働し、
 価値を共創する活動
 
▼デザインの変遷
 
▼「東芝のUXデザイン」のコンセプト/プロセス

▼ダニエル・キムの成功の循環モデル

▼東芝のUXデザイン実践からの気づき
 顧客にとっての価値創出のためには
  ・作り手が勝手に思い込みで作るのではなく
   顧客に寄り添い、顧客の視点で、顧客にとっての価値を実現する

  ・デザイナーだけや、社内サイロの分業ではなく
   多様な領域の人材の、総力戦で取り組む。

  ・経験価値だけでなく
   事業成果や社会的影響まで、視野を広げて包括的に取り組む

▼実例 陣屋旅館
 ・旅館のおもてなし向上

▼参考リンク
 https://www.toshiba-sol.co.jp/solution/customervalue/index_j.htm


■「支援アプローチによるUXデザイン導入の試み」
 株式会社リコー リコーICT研究所:
 寺村 信介さん(リコーICT研究所 AI応用研究 ソリューション開発室)
P3010124

寺村さんはリコーでUXデザインの導入をしているそうです。


▼Lean UX

▼仮説管理 ? Javelin Board

▼成果の見せ方
 ・失敗事例1 ?教育ソリューション
  9件のインタビューと4件の観察を実施、
  分析・コンセプト作成・シナリオ作成を行ったが、
  周囲から「これだけ時間をかけて成果がパワポなの?」
  「パワポがプロトなの?」と言われた

 ・失敗事例2 ?会議支援ソリューション
  知識創造をモデル化し、ワークショップデザイナーのインタビュー・観察を実施、
  得られた知見からアイデアを出したが、アイデアの表層的な部分しか見てくれなかった

             ↓
  プロトタイピングツールを用いたそれらしく動くプロトタイプ
     顧客の体験がわかるようなでもビデオ
  実施したデザインプロセスが理解できるような記録


■「ブラザー工業の取り組み:部内から社全体に広げるために」
  ブラザー工業株式会社 総合デザイン部:
  須藤 和美さん(マーケティング企画センター総合デザイン部チームマネジャー)
  P3010139   
  
▼ブラザーの紹介
 ・海外のシェアが8割
 ・総合デザイン部

▼事例1
 モノクロレーザー複合機 本体パネルUI

▼事例2
 P-TOUCH CUBE
 全ての部分においてHCDを導入できた例
 UXリーダーを導入した。

▼事例3 社内教育・啓蒙
 ・中期戦略計画を作成するタイミングで人材育成をさしてもらった。
 ・「顧客価値をどう実現するか」をテーマに実施

▼課題
 1.「で、どうすればいいの?」
 2. KPI設定はどうすればいい?
 3. 事業への貢献、成果を示せ!


■パネルディスカッション (司会:安藤昌也)

P3010141


Q「UXの結果、KPI問題」を今後どうやって戦っていこうと思うのか。
 →UXリーダーを増やす。
 →教育的なKPIにする
 →成功事例を作る
 →小さくてもいいので事例を作る。

Q「KPI気にしない方がいいんじゃないですか」
 →まあまあ

Q「ちゃんとしていることの方が代理店のプロモーションにに効くのではないか」
 →P Touchについては成功した事例なのかな。
 →必ずしもUCDやらなければならないとは違う。

Q「BtoBのソリューションを設計する上で、現場の担当者、経営者に対してどう折り合いをつけるのか。」
 →ありますよね。まずどこが力を持っているのか調査し、プライオリティーをつけます。
  それぞれの担当向けに伝え方も工夫する。

Q「トップダウンが激しい、その中でUXを広めていくのはどうしたらいいか」
 →社内コミュニティを作る。協力者を作る。
 →トップダウンとボトムアップの使い方は難しい。
 →安藤先生に公演に来てもらう。
 →○○社がやっていますよ・・・とアプローチしている。
  (ただし逆効果になる場合もある)
 →自分が解決できます。と言って実践してから、プロセスをお話しする。
 →担当者の熱意がなければ成り立たないんではないかな

Q「ユーザビリティ頑張りましょうと言っていた時期がある、要求分析がちゃんとできてないのでは。システムエンジニアリングで解決できるような。」
 →本来はできるべきだけど。っていう部分がありますよね。

 

■グラフィックレコーディング
P3010153

P3010154

P3010155


■学生の作品
P3010050

P3010052

P3010054

P3010056

P3010053

P3010058

P3010060

P3010061

P3010059

P3010065

P3010063

P3010067

P3010068

P3010069

P3010066

P3010070

P3010072

P3010073

P3010071


■懇親会
懇親会はケータリングサービスで・・・

お寿司が美味しかった・・・
P3010164

P3010169

P3010173

P3010174

P3010176

「利他」というお酒を贈られる安藤先生
P3010157


帰る際にUX王国に入国したということで、
入国スタンプをもらえました、
芸が細かい・・・
P3020183

P3020184



トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.hokorin.com/mt/mt-tb.cgi/1025

月別 アーカイブ