2017年09月24日 第3回Xデザインフォーラム「プレイフルな学びとオープンなデザイン」

| トラックバック(0)

■2017年09月24日 第3回Xデザインフォーラム「プレイフルな学びとオープンなデザイン」

2017年09月24日に千葉工業大学で行われた、
第3回Xデザインフォーラム「プレイフルな学びとオープンなデザイン」に参加してきました、
ワークショップデザイナーなら絶対に参加したいイベントだったので、
「です。ラビッツ」のライブを諦めました、神崎部長ごめんなさい。

■午前中
 なにやら山崎先生がレゴをぶちまけている、
 ワークショップで使うのかな?
P9240004


ワークショップ

ワークショップは同志社大学の上田 信行先生のパワフルなワークショップでした、
P9240009

講義というものはなく講義しながらワークショップしている感じで進みました、
とにかく上田先生の熱量がすごくて、ぐいぐい引き込まれていく講義でした。

最初にウォーミングアップとして「声を出す」というワークで、
ペアを組んで、「いいねぇ!」「いいねぇ!」と呼びかけあうワークだったのですが、
いきなり指名されてしまい、恥ずかしかったです。

次はレゴをどれだけ高く積み上げられるかというゲーム、
1回目を行ってから、他のチームの様子を見たり、
話し合いで作戦を立ててから2回目にチャレンジしました、
残念ながら順位的にはよくありませんでしたが、
とても楽しいワークショップでした。
P9240017

P9240019

P9240021

P9240022

P9240024


ワークの後は振り返りを行い、
メタ認知的に自分のことを振り返りました。
P9240027

P9240028


その後は、Scratchでのプログラミングを紙とペンを使って考えるワークでした、
最初は四角形を書くプログラミングを考えるのですが、
使っていいのは、「進む」と「回転する」だけです。
P9240037


これは頭で考えちゃダメで、
体で考えながら動かないといけないとダメです、
最初は頭で考えてしまっていたのですが、
徐々に体を使って、実際に正方形を作る動きをしていたのが楽しかったですね。

考えたプログラムは実際にMacに入力し、
動きがちゃんと正方形になるか試していました
これは比較的、みんなできていたようです。
P9240041


次は「円の動きを作る」ということでちょっと難易度が上がりました、
けども仕組みがだいたいわかってきたので、ある程度の予想はつきました、
「1歩進み、1度周り」を360回繰り返せばいいのかなぁという感じで、感覚は掴めたので、
後は実際に動かしてみるだけです。
他のチームも大体同じで、いい感じにプログラミングできていました。
午前の部はこれで終了となりました。

お昼はモリシアのマックでサクッと済ませる。
午後は講演


基調講演 PLAYFUL OPEN

■プレイフルラーニングで世界をROCKしよう 
 上田信行
P9240043


 ・逆転時間の静止画版みたいなワークショップを行なっていました。
 ・静止画をレゴに作るワークショップ
 ・AXISの表紙を作る大人のワークショップ
 ・普段の授業で行われているレゴの高積みワークショップ
  (楽しみながら、踊りながら行う。)
 ・似顔絵を描くワークショップ(3秒で描く)
 ・普段の授業でもワークショップ。

■未来の学びとデザイン、函館での実践
 原田先生

 ・デザイン、街に出る(居場所作り)
  →様々な課題が顕在化
   ・複数の小さなコミュニティ

 ・旅するデザイン
  →アウェイでのデザイン体験
  →UCDの中に、私を入れる、私たち中心設計
 
 ・デザインにまつわる「当たり前」を保留

 ・函館でデザイナーを育てる

これ以降も講演、ポスター発表等が続くのですが、
エネルギー切れを起こしてしまい、
これ以降の講演が頭に入っていないという残念な結果に・・・

まとめとしては、
上田先生みたいなパワフルなファシリテーションしたいなぁという、
希望と嫉妬?みたいなのが残りました、
とにかく楽しい時間でした。
P9240080

P9240082

P9240091

P9240093


■懇親会
懇親会は毎度おなじみの「くいものや わん」にて。
P9240107

P9240108

P9240113

P9240114



参考リンク
RTDドキュメント
蠍は留守です考



トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.hokorin.com/mt/mt-tb.cgi/959

月別 アーカイブ