DMN training Part2 「UXデザイン/デザインリサーチトレーニング」2日目 2017年08月03日

| トラックバック(0)

■DMN training Part2 「UXデザイン/デザインリサーチトレーニング」2日目 2017年08月03日

DMNの二日目はユーザーインタビューの様子を実際に観察し、
インサイトを見つけ出すという実践的な内容でした。

メンバーは、安藤さんと飯伏さん

■アイスブレイク
 チーム全員の共通点を探せ!
 
 とりあえず全員男性
 iPhone使っている
 朝食食べない派
 全員目が悪い
 
■本日のキーワード
 インサイト

■インサイトとはなにか?
 △事実を羅列し、
 ○事実を基新しい解釈したもの=想像力が必要

■なぜ、新しい解釈をする必要があるのか?
 Googleなどは完全自動運転まで考えている。

■新しい解釈の妨げになること
 慣れや常識

■Exercise :どんな視点があると良さそうか?

 チームでのディスカッション

■新しい解釈の助けになる視点

 
■極端な視点
 人を選ぶときに使う
 (本当にシニアに孤食は必要なのか)

■多様な視点
 いろいろなバックグラウンドな視点をいれたほうがいい

■メタフォリカルな視点
 アイデア発想

■極端な視点→対象者選定
 ・非ユーザーをみたらいいかも
 ・外国人同士を比較する
 ・女性や中年層に注目する
 ・極端な状況(電気がない生活をする人)

■事例:長野じいじ
 69歳の男性
 退職後に長野に移住し農業をしながら地域と暮らし始めた。
 
■ワーク(1) 観察:ポイント
 △一つの文脈に沿って詳細を書く
 ○データを切片化し、文脈を断ち切る

■ワーク
 長野じいじの10分のインタビュービデオを見る

■観察からわかった事実から、インサイトを書き出す
P8030652
 
■ワーク(2) 分析
P8030655

P8030657  
 
■メタフォリカルな視点
 ・F1ピット→救急医療
 ・洗車機のような→電動歯ブラシ

■アイデア出し

 ・「図書館」のような料理サービス

 ・「踊ってみた」のような料理動画サービス

 決戦投票の結果、2位になりました。

■まとめ
 ・インサイトとは、単なる事実の凝縮ではなく、
  事実を基に新しい解釈を加えたものである。
 ・下記のような視点が、新しい解釈の助けとなる
   1.極端な視点 2.多様な視点 3.メタフォリカルな視点
 ・一つの文脈に沿って詳細を書くのではなく、
  データを切片化し、文脈を断ち切る。

■懇親会

会場で簡単な懇親会を行いました。
P8030669

P8030676

P8030671

P8030673


トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.hokorin.com/mt/mt-tb.cgi/952

月別 アーカイブ