サービスデザイン方法論 ペーパープロトタイピング 2014年11月15日

| トラックバック(0)

いよいよ最終回になったサービスデザイン方法論です。

前回作ったアクティビティシナリオを使うのですが、
精度があまいとのお叱りがあったので、
とりあえず自分が修正してみてからワークショップに望みました、
他のチームも深夜まで修正などをしていたようです。


講義

 午前中は講義とアクティングアウト

 作って来たインタラクションシナリオから、
 UXフローを書いていきます。

 まだまだアクティビティシナリオもインタラクションシナリオも甘いので、
 UXフローを書きながらシナリオも修正。
 

 その後、
 アクティビティシナリオを使ってアクティングアウトを行いました、
 アクティングアウトするとサービスがちゃんとできていないことがはっきりとわかります。
 かなり撃沈いたしました。
 


特別講義

 特別講義としてネットイヤーの坂本さんから、
 UIのお話が。


参考サイト:UX archive

 

ストーリーボード作成

 手分けしてワイヤーフレームとアクティビティシナリオ、
 利用シーンなどを書いていきます。







 ストーリーボードが出来上がったら、
 他チームから被験者をリクルートしてきて、
 ウォークスルーテストを実施し、
 問題点をポストイットで記述していきます。





参照リンク

 UX INSPIRATION!:
  サービスデザイン方法論2014 第6回:ペーパープロトタイピング レポート


懇親会

 懇親会はいつもの「げんてん」で。



トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.hokorin.com/mt/mt-tb.cgi/889

月別 アーカイブ