UX Shizuoka #05 構造化シナリオ法 2013年10月05日

| トラックバック(0)

10月05日に行われたUX Shizuoka #05に参加してきました、
いつもの通り、前日入りで「炭火焼レストラン さわやか」で夕食を取り、
翌日はお昼ご飯をパルシェの沼津魚がし寿司で食べてから、
会場のあざれあに向かいました。
(途中のローソンでまやちゃんとえりちゃんに遭遇)

とりあえずみんなで協力して会場のセッティングして、
13時からスタートです。
PA054885


講義

PA054895


■制作の構成要素
 ビジネスニーズと利用状況の分析(HCD)と技術的シーズが合わさって、
 ユーザ経験デザインになる。

■Business Model Generation
 ・デザイナー、エンジニアはビジネスニーズに弱い

 ・ビジネスはマッチング
   ※良いデザイン、悪いデザインなどはない。

  例:せんと君やふなっしーなどのゆるキャラ
    神社仏閣建造時代から2000年たったのに作るものは劣化しているがヒットはしている。

 ・ビジネスは顧客ありき
  顧客(Customer) > 価値提案(Value Proposition) > 強み(Competency)

 
■上位下位分析法とラダーリングの違い
 →ラダーリングは質問方法、上位下位分析は分析手法

■ペルソナの定義
 最近はペルソナをちゃんと作らないことが多い
 →間違ったペルソナを作る可能性がある
 →7~8人インタビューしてもちゃんとしたものができない可能性がある。

■バリューシナリオ作成

 みんなで検討しながらバリューシナリオを作成するが、
 浅野先生に抽象的すぎると指摘される。
PA054900

PA054908

PA054911

PA054914

PA054921

 ※抽象的だとどんなシーンにもフィットしすぎて安心するのでNG
 ※ビジネスモデル側からの視点があまい(普段料理しない人に食材が売れるか)
 ※シーンも抽象的すぎて作業になっているのでUXとしての議論にならない。
  シーンをもっと具体的にバリエーションを持たせる。
 ※レシピサイトのキモは検索機能(料理の具体的な名前を知っている人が少ないため)

 バリューシナリオが書けたら、
 簡単に発表。
PA054939

PA054941

PA054949

■アクティビティシナリオ作成
 アクティビティシナリオにはユーザビリティの3要素が網羅されていることが良いシナリオ
  
 ユーザビリティの定義(ISO9241-11)

 ある製品が
  ・特定のユーザーによって
  ・特定の利用状況下で
  ・指定された目標を達成するために用いられる際の
  ・有効さ、効率およびユーザーの満足度の度合い
 

 作成したシーンが作業になっている!とお叱りを受けたので、
 急いで修正。
PA054966


 4つ作成したシーンを各自でアクティビティシナリオに落とし込んでいきます、
 (時間が押していてかなり切迫)
PA054970  

PA054975

 作成したシナリオのなかで一番良さそうなものを選んで、
 次回に向けて簡単にワイヤーフレームに落とし込んで、
 ワークショップ終了です。(Web系の人間はこういうのは得意)
PA054972

PA054996


リアルタイムドキュメンテーション
PA054988

PA054990

PA054995


懇親会

 1次会は駅南口の村さ来。
 通常のセミナーと違って女子大生率が高いので、
 微妙なプレッシャーを感じます。
PA055019

PA055017

PA055025

 懇親会では静岡では貴重な男子大学生と、
 合体ロボットの話で盛り上がりましたw

 この娘達は出来る子です。
PA055043


 2次会は側にあった飲み屋に。
PA055055

PA055056

PA055064


 静岡名物を食べ、お茶割りをのんで1200円は安かったです。


参照リンク

 情報デザイン研究室:http://asanoken.jugem.jp/?eid=2803

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.hokorin.com/mt/mt-tb.cgi/830

月別 アーカイブ