横浜デジタルアーツ「卒業研究のプレ発表会の講評」2011年12月21日

| トラックバック(0)

いつもお世話になっている、
横浜デジタルアーツ専門学校の浅野先生より、
卒業研究のプレ発表会の講評に来て欲しいとのご依頼により、
12月21日 に、横浜デジタルアーツへ行ってきました。

集合は朝 8時45分とちょっと早い・・・・

受付をすませ、
7Fの教務室でしばらく待機。
R9140993


浅野先生の挨拶。

発表会は9時30分にスタート、
まずは、浅野先生より、
「研究」についての考え方について簡単な講義が。
R9140995


※朝の挨拶で「起立!気をつけ!礼!」を数十年ぶりに体験しました。

▼研究というのはどうゆう風にやればいいのか?
 「情報デザインゼミナール」で研究した資料を元に、
 プレゼン資料の作り方の講義。

 女の子3人組が、一年間を通して、
 4つのペルソナシナリオ法を研究、実践した例。
  
  ・一昔はDreamweaverが使えればよかったが、
   今は違う。

 ▼情報デザインゼミナール
  すごいペルソナ/ナシナリオ法の事例

  ・卒業研究は、他の学科や社会人が聞くので、
   冒頭の説明は必要。(つかみ)

  ・制作したものを研究発表はダメ!!
   実験した検証を発表する。

  ※横浜市のWebサイトのリニューアル例
  ※研究とは白黒をつけること。


口頭発表(Web科2年)

■村山賢太
 「Webサービスのモバイルファースト化 」
R9140996


 ▼モバイルファーストの設計手法の対比研究。

  (1)スマートフォンの利用状況の調査
     →データを調べた。
  (2)同一サービスのWebとスマートフォンの調査。
    (mixiのアプリ)
  (3)実際に制作する。
   
 ※ユーザーテストしてみた?
 ※このサービス「Peeps」を使ってみて、ユーザーがどんな体験ができたり、
  どんな価値が生まれるのか?が見えない。
 モバイルファーストにする根拠を出して欲しい。

■金井隆宣
 「Flashの代替え技術としてのHTML5、CSS3」
R9141002

 
■岡谷一平
 「スマートフォンサイトのインタラクションデザインに関する研究」
R9141004


  おう、IMJモバイルの評価資料が使われているwww

  Webのヒューリスティック評価は数多くあるが、
  スマートフォンの場合はまだなかなか決まってないので、
  研究としては有用だと思いますが、
  本当にそうか?という検証を実ユーザーにて、行って欲しかった。

  余裕があれば、パターン化してもいいかも。

■福島祐希子
 「動的な視覚効果を用いたイメージ表現のバリエーション」
R9141009

 
 写真を送るためのサービス
 →調査がWebサイト上だけか?
 →どんな発想で、このサービスを思いついたのか?
 →サービスをどうユーザーが使っているか内容が見えない。
 →ユーザーが使ってもらった絵が欲しい。

■お昼

 お昼は学校前の中華料理店で、浅野先生と一緒に。
 横浜アリーナで韓国アーティストのライブがあるらしく、
 おばちゃんだらけ。

午後 口頭発表

■向、土屋
 「Facebookの可能性」
R9141014


  仮説「日本はFacebookになぜ馴染んでいないか?」

  ファンページを作っただけではだめ、運用が必要
  →向くんは、広告の視点から検討。

   (1)世界で最も信頼される携帯は「知り合いからのおすすめ。」
   (2)信頼性を追求する。

  ▼サービス戦略の事例
   ・ビタミンウォーター
   ・バーガーキング 

   参加性→共有性
   ※B into Cが増えてくるのではないか。

■池田、佐藤、松村
 「デジタルサイネージ研究・制作プロジェクト」
R9141021


  ・デジタルサイネージのパターン化
  ・効果測定
  ・設計仕様

  ※台湾はサイネージが多い。

  150例以上のフィールドワークや、
  台湾でのフィールドワーク。
  パターンランゲージを作成し、仮説、制作、検証まで行った、
  安定感のある発表でした。
  デジタルサイネージの分野は、まだまだ実践者が少ないので、
  ぜひ、研究を続けて欲しいと思います。


進級制作進捗報告 (Web科1年)

 一年生は、横須賀市のサイト制作をプロジェクト単位で作成。

 ▼企画班
  高橋郁名、市川明日香、大賀勝也、小山千尋
 ▼デザイン班
  大場春菜、石橋真波、柳下ちかげ、山内聡美
 ▼実装班
  深井和輝、谷川栞、佐々木賢

  ※メンバー全員でプロジェクトとして進めているとのことですが、
   確かにWeb制作会社だと分業が進んでいるんですが、
   HCDのプロセスを学ぶという意味だと、
   1人でやりきるのがいいかなぁと感じました。
   (千葉工大では、1人1サイトでした。)


省察1

 浅野先生に省察の場をご用意いただき、
 横浜デジタルアーツの先生お2人と生徒お1人の5人で。
 新横浜の「個室宴会 九州居酒屋 博多天神 もつなべきむら屋」へ。

R9141043

R9141046

R9141053

R9141055


省察2

 お家が反対方向の山本さん意外の4名で、
 渋谷の「極☆楽☆酒☆場 げんてん」へ。

 偶然にも、お友達のいとまきさんが、
 お友達と宴会中。
R9141058

R9141073

R9141059

R9141066

R9141075

いとまき&アイアイ先生
可愛ええ
R9141070

R9141080


 朝から夜まで、
 楽しい一日でした!!

 学生のみなさん、
 頑張ってくださいね。


参考リンク

 情報デザイン研究室:2011年度 卒業研究プレ発表会 口頭発表
 

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.hokorin.com/mt/mt-tb.cgi/713

月別 アーカイブ