第4回 WebUX研究会[前半] 2011年06月04日

| トラックバック(0)

6月4日に麹町で、開催された
「WebUX研究会」に参加してきました。

講演者に身内?が多いので、
親のような気持ちで聞いてきました。


プログラム

■2011年06月04日
 第4回 WebUX研究会

■日時:6月4日(土)14:00?17:00
■会場:KDDIウェブコミュニケーションズ:セミナールーム(麹町)
■内容:

第一部「コミュニティーの学び」
 ・基調講演:千葉工業大学 安藤昌也
 ・社内の部活動:サイバーエージェント 鈴木千絵
 ・他社との交流ShibuyaUX:GMOメディア 伊藤麻紀子
 ・おとなの学びhcdvalue:ECナビ 榎本徹

第二部「WebとUXデザイン」
 パネルディスカッション
 パネラー:安藤先生・楽天 脇阪さん・ネットイヤーグループ 坂本さん
                ・アクアリンク平野さん・浅野先生。


第一部「コミュニティーの学び」

挨拶

横浜デジタルアーツ 浅野先生
 ・以前は情報デザイン研究会という名前で、
  その当時は情報デザインを教える先生向けの勉強会だった。
 ・プロダクトの人は会社のことを絶対話したがらない、
       Webの会社の人はべらべらしゃべるww

R0030204


■千葉工大 安藤昌也先生
「社会人の"学び"を促す"学び"のプロデュース術: AIITデザインプログラムの経験から」

R0030208



→産技大で3年間関わってきたデザイン教育プログラムの経験からお話し。

▼安藤先生がプロデュースに関わったデザイン教育プログラム
 ・みなとくデザイン
 ・産業技術大学院大学「人間中心デザイン履修証明プログラム」
 ・design Tools(東京都のデザイナー育成講座)
 ・Design Skill Standard Trial Program

▼産業技術大学院大学「人間中心デザイン履修証明プログラム」
 ・138時間におよぶプログラム
 ・すべて履修することで、学歴に書ける専門プログラム
 ・人間中心デザインを体系的に履修できる日本唯一のプログラム。
 ・HCD業界で著名な講師陣による指導
 ・楽しいコニュニティでの学び
 ・怒濤の飲み会
 ・飲み会のアイドル
 ・恐ろしいコミュニティでの学び

▼Design Skill Standard Trial Program
 http://www.liaison-center.net/d2/01aca/index.html

 ・デザイナー5年以上を対象に実施した産学協同の実践プログラム

■社会人の「学び」とは何か?
 ・何を考えてこれらのプログラムを設計したか

  ★安藤先生が考えたこと、悩んだこと
   ※企業実務を意識し「フレームワークとアプローチ」を組み合わせて提供する。

    ・学びのエンジン ※単純に本を読めばいいわけではない。
     →実践と省察(振り返り) 
      ※学習プロセスは事後的にしか、そのプロセスを認識することはできない。 

    ・フレームワーク(知識)→自己探索的
    ・アプローチの学び→集団協調的(みんなでやる?振り返る)

       ※社会人の場合は両方やらないと行けない。
       ※振り返りはブログ、Twitter、飲み会など。

    ・社会人の理想的な学びのプロセス

       教育者が教える(教育者決定的学習)
               ↓
       学習者が主体的に学ぶ(自己決定型学習)
               ↓
       「教育者と学習者が共に学ぶ」

       ※学んだことを企業内に生かす。
       ※新しいことを生み出していく。

    (1)「アプローチ」の学びには「集団強調的省察」を促す仕組みを提供する
      (2)学びの成長プロセスを理解し、提供者が学習者と共に学び「批判的省察」を促す。
               ↓
     (1)と(2)を教育プログラムで満たすのは難しいので、
          「飲み会」の力が必要!!



■サイバーエージェント Ameba事業本部 鈴木千絵
「社内HCD勉強会の振り返り」

R0030217


→「産業技術大学履修プログラムはおススメです!!」

▼開催のきっかけ
 ・浅野先生が名古屋でHCDワークショップを行っていたので、
  Twitterで浅野先生でお願いした。
 ・主催が必要だと気づいたので、個人としては難しいと思い、
  社内勉強会として会社のお願いした。
 ・「放課後X」という社内勉強会を利用した。

▼勉強会の内容
 ・目的:HCDの認知度を上げ、開発に取り入れる
 ・内容:HCDの全体像と、活用法を学ぶ
 ・対象:社内の開発に関わり、参加意欲のある人
 ・日程:月1回、各回4時間

   →興味のある人が気軽に参加できる企画。

▼開催スケジュール
 ・2010年8月?2011年2月までの各月1回

▼実際の内容
 ・第1回:HCDの来竿・観察法(オブザベーション)
  「カップ焼きそばのパッケージデザイン改善案」

 ・第2回、3回:ユーザー評価
  「ミニブログの評価」

 ・第4回?6回 ペルソナ/シナリオ法、ペーパープロトタイピング
  「モバイルレシピサイトを作る」

■勉強会の成果

 ▼受講者のアンケート
  ・勉強会参加者47名 アンケート回答者40名
  ・HCDを活用している人が半数
   (ユーザビリティテスト・ユーザー視点)
  ・もう一度やりたい、実務で試したい

 ■まとめ

 ▼この勉強会は成功したのか?

  HCDの認知度を上げる
   →告知や表彰でHCD勉強会の存在は広まった。
   →参加者は募集範囲の20%と多くはないが、幅広い職種の方が参加してくれた。

  開発に取り入れる
   →実務での取り組みはまだ少ない
   →参加者の習熟度や、現場での理解が課題

 ■今後の展望
  ・社内の活用事例を共有し、現場での取り組みを増やす
  ・成功事例が増えると、理解者も増える
  ・実践を積み重ね、自社にあったHCDのやり方をみつける。


■GMOメディア 伊藤麻紀子
 Webメディア企業による学び合いコミュニティ「ShibuyaUX」

R0030241


■プロフイール
 GMOメディア 事業推進室 UXエンジニア(修行中)

■なぜShibuyaUXを始めたのか?  
 ・もともとはwebデザイナーとして活躍していたが人事異動があり、
  上司に「UXって知ってる?これから大事になるよ」と言われた。
  →社内でUX向上のために何をすればいいのか考えた
   もやもやしていた
  →面識のあった佐々木さんに相談して、サイバーエージェントの鈴木さん、
   ECナビの榎本さん、産業技術大学履修生と出会った。

  →飲み会などで相談していたところ、みんな同じ悩みを抱えていることがわかったので、
   勤務地が渋谷で近いので、「ShibuyaUX」を発足させた。

■第1回 2011年01月25日
 ・参加企業でのUX取り組み事例を発表 ワールドカフェを実施。

■第2回
 ・浅野先生のオブザベーションワークショップ

■第3回「User Centered Agile」
 ・楽天の坂田さん
  →パネルディスカッションが超豪華

■まとめ
 ・なだたるWeb企業が参加。
 ・井の中の蛙にならない
  →外からの刺激を社内に生かす
  →成功体験、失敗体験の共有
  →学び合う楽しさ

■最近の取り組み
 ・サービスの理念をつくる
 ・アクセスログの活用
 ・社内ユーザビリティテスト
 ・簡易ペルソナストーリーボードなど。


■ECナビ 榎本 徹
 hcdvalueの価値

R0030245

実は、webも専門というわけではないので、優しくしてください

■hcdvalueとは。
 ・産技大のメンバーが中心となって立ち上げたコミュニティ。

■hcdvalue
 →AIITで開催中に「HCDの価値をKA法で抽出する会」をしてみた 
  その延長で、同窓会兼コミニュティとしてスタート

■hcdvalueの目的
  ×飲み会 → ○現場で使えるHCD

■メンバー
 現在47名
 産業技術大学院大学履修プログラム「人間中心デザイン」履修生
 + 講師 + 新規(歓迎)

■活動内容
 ・KA法でのHCD価値抽出
 ・TOYOTA SOCIAL APP AWARDへの応募
  クルマの楽しさが伝わるソーシャルアプリを、
 「KA法」「XB法」という2つの手法をパラレルで進行。
  →仕事では使えないようなリソースを贅沢に使ったwww

■情報交換
 ・HCD関連のイベント情報、参加レポート、デザイン関連イベントカレンダーの共有など。

  https://sites.google.com/site/hcdvalue/

■hcdvalueの活動とは
 →商店街の草野球的な活動
  (休日に嬉々として集まる姿が、既に勉強ではなく、
   商店街の草野球的だ、との浅野先生のコメントから。)

 1.期近な行動目標がある→アウトプット期限がある
 2.ゴールにヒットするか→仕事で使えるか
 3.快感がある→みんなで和気あいあいとウェルカムな雰囲気

■正統的周辺参加
 →中心に講師の方々がいて、その周りに産技大メンバーがいて、
  さらにその周りに新しく参加してもらったメンバーがいて、
  うまく回っているように感じている。

■まとめ
 飲むのと勉強するのが大好き

■良いコミュニティであること。
 ・共通の敵
 ・共通のゴール
 ・共通の楽しみ



■浅野先生のまとめ

R0030252


・ここ最近、Webの人たちがものすごく勉強するようになっている。
 →Webはプロダクトに比べてイニシャルコストがかからないので、
  どんどん実践できているのではないか?

・4人のお話でのポイントは、セミナーの話を聞くだけでなくワークショップをしている
 →参加型学習をすると、全然身につくレベルが違う。身体的でやっている

・技術でなく、上流行程を身体をつかってやっている(頭をあまり使っていない)
 ポストイットを使っているのは「活動」
 →動かした手に神はやどる。

・飲み会
 →別にお酒を飲まなくてもいいが、省察が必要。
      懇親会の参加を促している。それによって学びが深まる

・サードプレイス
 →「1は自宅」 「2は職場」 それ以外の場所での学びが重要になっている。
 今までは、上司がよく知っていたので社内での学びで十分だったが、
 今はそうではなくなってきている
 外に行かないと新しいことがわからない!



第1部が完了し、休憩を挟んで後半へ。

R0030260

後半はこちらから


トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.hokorin.com/mt/mt-tb.cgi/673

月別 アーカイブ